シンガポール半日観光②

(昨日の続き)

午後になって、再度シンガポール半日観光に参加することになった私。もちろん、午後の観光のためにバスに乗り合わせた外人はみな午前中とはメンバーは違うし、バスガイドさんも幸い違う人だった。”ふー、私のことを知っている人がいないから、気が楽だ!”

一箇所目は、もちろん観光バスに置き去りにされたインド人街。私は午前中、お世話になったシンガポールのおじいさんに出会えたら、一言お礼を言いたかった。しかし、残念ながらチラシを配っていたあの場所に、もうおじいさんの姿はなかった。”でも、このご恩はきっと忘れない。”

二箇所目は中国人街だった。雑多なざわめきと人の多さ。さらにマーライオン・・・と名所を5箇所まわる半日コースを、午前中とはうってかわって私はスムーズにこなすことができた。その理由は、なんと”バスガイドのおじさんにくっつきまわること”

今度こそ迷子になってられないと、私はことごとく自由行動中はガイドのおじさんの横、後ろとくっつきまわった。それはおじさんが休憩をしてジュースをベンチで飲んでいるときも。かたときも離れないようにした。さすがにおじさんも、私のネバネバ行動に辟易したのか、

「ねえ、あんた!シンガポールの観光にせっかくきてるんだから、ちょっとは自由に見てきなよ!なんでいつも私にくっついてくるの?!」

そう、何を隠そう私はシンガポール半日観光をやり遂げたものの、ほとんど記憶に残っているのはバスガイドのおじさんの背中や横顔、緑の服ばかり。肝心のシンガポールの美しさをこの目にとどめることなく、半日観光を終えたのだった。

でも、景色は心に残ってなくても、あの迷子になったときのおじいさんの優しさだけは今なお旅の思い出としてくっきり残っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>