作成者別アーカイブ: hajimaru

試写会に行く

一般公開される前の試写会はよく「○組△名様ご招待」なんて耳にしますよね。ハガキで応募したり、ネットで応募したりと方法はいろいろありますが、当たればタダでしかもいち早く映画を観ることが出来るのですからとてもお得。試写会は普通の懸賞の中でも当たりやすい部類なので(その日、その場所にいける人が限られているため)応募してみるといいですよ。私も何度か当たったことがあります。また、前売り券や試写会チケットはネットオークション(ヤフオクなど)で手に入れられることがあるので、観たい映画があるときはオークションを観てみましょう。

眠夢と未夢

過去として語られるもの、それは記憶。

未来として語られるもの、それは夢。

そして、そのどちらでもなく、眠りの中、泡のように消え往くものもまた夢。

自身にだけ語られ、自身の中に沈みゆくもの。

過去の記憶から生まれ、過ぎようとする現在、その眠りの中でだけ見える景色。

目覚めた後には、再び過去の記憶となるもの。

夢には本来、未来が無いはずであった。

ひょっとすれば、それを悲観し、未来にもそれが再び廻る事を望む思いこそが最初の夢だったのかもしれない。

そして、それをまた夢と呼んだのだ。

…今からそれらを見に行こうと思うのだ。

ホットヨガ

ホットヨガの体験レッスンに行ってきました!

私が行ったスタジオは「ほぐす」というのがテーマにあるところだったので、
ポーズ自体は、それほど難しいと感じるものは少なかったです。

基本、温度38℃・湿度65%の室内。
私、ぜんぜん汗っかきじゃないんですが、ものすっごい汗が出ました!
老廃物が出て行ってるんですよね~、なんだか嬉しくなりました^^

結果、背筋が立って、身体が気持ちよく伸びてスッキリ、
お肌もいい感じです。
あの気持ちの良い汗は家では絶対味わえないですね。

ただ、岩盤浴に2度行ったことがあって、今回のホットヨガ。
この3回ともその日は動悸がするんですよね。
体力が追いついてないのか、不向きなのか、慣れれば大丈夫なのか、
どうなんだろう?
昔、血液バランスを崩してた事があるのと関係あるのか、どうなのか?

でも、無理のないメニューのホットヨガスタジオ。
良かったです!!
最初は「ほぐす」というテーマの内容では、ものたりなさを感じたんですが、
ものすごい汗も出るし、美容と健康ってところで、
ちょうどいい感じだなぁとも思いました!

やっぱり勉強しよう・・・

やっぱり勉強しよう・・・
私は外資系の会社に勤めているけど、英語が全然話せない。一応貿易事務の仕事もしてるし、英語教員の免許も持っているけど…英語なんて勉強してても使わなければ全然わからなくなっちゃうもんだ。

そんな私が今仕事で一番恐れているのは、海外からの電話。たまにしかかかってこないけど、取次ぎだけでもかなり緊張する。

そして今日、恐れていた海外からの電話が!!
電話に出てみたものの、早口で何言ってるのか全然聞き取れない。英語じゃないみたい。東南アジアとかの言葉かな?

でもいくつか英単語が聞き取れたので、担当者に取り次いでみた。あれ?担当者が英語しゃべってる(・_・;
なんと、電話はアメリカからでした…Σ( ̄□ ̄;)

いくら早口とはいえ、英語か他の言語か区別がつかないくらい聞き取りができなくなっていたなんて。ショック!!

月夜の陰

体質改善?

走行距離が600kmを超えました。
20日で600km…早Σ(‘-’ノ)ノ

どうも最近は晴れ女の傾向がありまして。
この梅雨時に、雨天の運転をほとんど経験していません。

雨の日でも、外に出ると小降りになり、車に乗り込んでゴニョゴニョと発進準備してる間に止んでしまうとか。
スーパーに行って買い物して、車に戻ってみると地面が濡れてて「あれ?降ったんだ?」とか。

助かるといえば助かるのだけれど、練習にはならないよね(^^;

以前はどこに出かけても雲行きが怪しくなって困ってたものなんですが、独り身になって体質改善(?!)したのかなー。

年齢相応あれこれ

仕事中に聴いていたラジオ番組で、「あなたは年齢相応に見られますか?」といったテーマでリスナーからのメッセージを求めていました。

「童顔だから若く見られる」「でも、もともと老け顔の人は年齢を重ねても変化が少ない」

そんな中、私が気になったメッセージが「7歳年上の旦那が童顔なので、いつもお似合いの夫婦って言われるんです(^^」というもの。

年齢の差に関係なく、旦那(奥様)や彼氏(彼女)が若く見られるだけで、ちょっと嬉しい気持ちになりますよね。(なぜか)

見た目以外にも「子供連れのご夫婦」について多くのご意見が寄せられていました。

確かに私も公園を歩いていると、多くのお子様を連れた家族を見かけますが、時々「お子さん?お孫さん?」といったご夫婦や「お母さんとおじいちゃん?…もしやお父さん?」などという頭を悩ませられる組み合わせの家族の姿も見受けられ、いつも頭を悩ませながら歩いています…。

初めてお子さんを生まれる女性の年齢も多様化していますから、正直どう声をかければ良いのか、私のように悩まれてている人もいるのではないでしょうか?

優しい時間と村山由佳

昨日、初めて「優しい時間」を見たのですが、番組を見終わった時にふと、一つの小説を思い出しました。 それが「村山由佳」著 「すべての雲は銀の…」です。
北海道と長野という違いはあれど、どちらもひっそりと佇む雪原を舞台とし、素朴ながら人間関係に悩み葛藤するところなどに何故だか同じ空気を感じてしまいました。
小説は読み終えた後、とても「やさしい気持ち」になる素敵なお話なので、ドラマと見比べるのも良いかと思います。

雨神宮・救空気

巨大迷路に行きたい。
昔、アメージング・スクエアというテーマパークがあってそこの巨大迷路が好きだった。
4つのポイントでスタンプを押して、ゴールに向かう。

それを今、友達みんなでやってみたいんだよね。
ふたりずつ組んで 時間差つけて入場して行ってさどのペアが1番早く出て来れるか・・・う~んやってみたい。

中学半ばから、アメージングにゃ行かなくなりそうこうしてるうち、いつのまにか廃園となっていた。
まぁ、このご時世では さすがに存在はしてないと思っていたけれどいざ その事実を知った時は、少々寂しかった。

ところで、Amazonコインを無料で貯める方法があるのを知っていましたか?
詳細は上記のサイトを見てみてください。誰でも13歳以上なら貯めることが出来ます。簡単に貯められるわけではありませんが、毎日コツコツとある方法を実践すれば月数千円程度は稼げるはずです。

気分の良くない電話の話

携帯電話を仕事に使っていることから、見知らぬ電話でも、問い合わせではないかと思い、すぐに電話に出られないときは気にかかります。

この間、何回も電話がかかって来て、電話に出てみると、自分と違う名前を呼び掛けます。間違い電話と分かったので、「何番におかけですか」と聞くと、私の携帯の番号をいいます。

「そうですが、あなたのおかけした人とは違いますよ」というと、前の人が使っていた番号といいます。「間違えました。もう、掛けませんから、申し訳ありません」というのを聞いているしかありませんでした。

かなりおかしいと思いながら、そういうこともあるのかなという思いとで複雑な心境になりました。携帯の番号もいろいろな人が使いまわしているのかもしれません。

しかし、落ち着いて考えると、使い始めてもう4年は経っています。前に使っていた人との交流は今はないのかなにか、勝手にプライバシーが侵害されているようで釈然としませんでした。